2017年07月09日

小笠原父島でドローン撮影を実施 < dronesEye>

 

世界自然遺産の空撮映像!

世界自然遺産に登録された東京都小笠原諸島父島でドローンによる撮影を実施しました。撮影に際しては、国土交通省林野庁小笠原市庁に許諾承認を得て、飛行の準備をしました。7月の小笠原父島での飛行は幾つかの注意事項があり、とくに島内は世界自然遺産の自然保護の重要な地域であることから、野鳥やその他自然への影響が無いように安全に飛行させるということをお約束しての飛行となりました。特有種である野鳥のノスリへの影響、またカツオドリは産卵が終わり、雛鳥の養育期でもあるため、南島の飛行は不可となり、近づくことなく撮影をする場合に許可するというものとなりました。南島での飛行をする場合は、冬季となる10月以降に行うのが良いとのアドバイスもいただきました。慎重に対応をしなければならない地域です。

 

ドローンによる撮影は、三日月山周辺、宮ノ浜、小港海岸、南島沖合から撮影となります。

CAMERA : DJI Phantom4Pro+, Mavic Pro
Photographer : Norio Komoriya

動画はこちらからご覧になれます。